業務効率化のために新宿の賃貸オフィスを探した時の体験

不動産会社に提案された新宿の新築ビルを契約

社員数増加に伴いオフィス移転を考えることに不動産会社に提案された新宿の新築ビルを契約新宿の賃貸オフィス移転で業務の効率化実現

最初に不動産会社の営業マンが案内してくれたのは、新宿駅から徒歩10分の場所にある100坪ほどの物件でした。
実際にビルの中に入って部屋を確認すると清潔で良い印象を受けたのですが、提示された家賃が希望よりも割高だったので条件に多少の不満を感じました。
しかしすぐに営業マンがビルのオーナーと携帯電話で賃料の交渉をしてくれたので、1割程度値下げしてもらえることになりました。
けれども複数の物件を見学して慎重に移転先を選びたいという希望も強く、とりあえずこの案件は保留にして他のオフィスビルも見学しました。
2つ目のビルは新宿駅から更に離れた場所にあったのですが、地下鉄の駅も利用できるので非常に便利なロケーションだという印象を受けました。

うちは地方のお客様が多いのもあり、イベントとかしてもさほどこないので、いまのところ立派なところに事務所借りる予定はないけど「新宿○○タワーの美容整形外科です」みたいなのって確かにいい宣伝になるのは確か。
安心感あるし。

— じゅくちょう (@everydayjukucho) 2018年9月6日
しかも新築ビルという点にも魅力を感じたので、特に力を入れて内部を見学しました。
まだ空室もあったのですが、希望するフロアを確保するためには早めに契約する必要もありました。
そこでこのビルへの入居を前提にして、管理している会社と積極的に交渉を進めました。
その結果として賃料の値下げにはあまり成功しなかったのですが、その代わりに入居時の保証金を半額にしてもらえました。
提示された条件は満足できる水準だと考え、すぐに入居の意思を伝えたうえで契約に必要な書類と初期費用を準備しました。